So-net無料ブログ作成
検索選択

特別なのかもしれません

子供の習い事の送り迎えをしていますが、恐ろしいことに、本当に保護者なのかという光景を目にします。というのも、片側2車線の道路ですが、その路肩に車がいっぱいだとみるや、縦列に車道に車を10分もとめている人が居るのです。これって、悲しくなります。もう少し、離れたところでもいいではないですか。
そこまでして、特別なのかと思います。走っている車も驚きです。路肩から出る車も困ります。同じ親なのですが、本当に、そこまでして、習い事をしてもいみがるのかと思います。自分の子供は、美しいし特別で、ほかのバカな子供とは別格だということでしょう。
いい車だったりしますから、尚更です。
ただ、なんだか、辛いと思います。みんな同じだから、楽しいのであって、特別な方がいるのは楽しいことでもないのです。そう感じるのは自分だけでしょうか。もちろん、そのならいごとも相当に上手な方なのでしょう。ほかの人も止めている。だから自分もいいのだというのでしょう。、
トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: